キャベツが甘~い♪ キャベツとハムの卵とじ


a0303281_22133809.jpg





こんばんは^^



時々、ネット通販でお野菜買ってるんだけど、
先日、間違えて、
キャベツ3玉もポチってしまったの。


冷蔵庫の野菜室がキャベツでギュウギュウ(笑



1玉は、ロールキャベツにして冷凍。

残り2玉、どうしよう。。。


キャベツ消費メニューを考えてたとき、
子供の頃に大好きだった、マミー考案の料理を思い出しました。






* キャベツとハムの卵とじ *

〇キャベツ・・・お鍋に入る分(5枚くらい)
〇縁が赤いハム・・・3枚
〇卵(Mサイズ)・・・3個
〇酒・・・50cc
〇顆粒出汁(茅乃舎さん使用)・・・小さじ1
※鰹や煮干し、あご出汁など、お魚系の出汁がいいです。
〇みりん・・・大さじ2
〇醤油・・・大さじ2


① キャベツは手で千切り、芯は薄切りにする。

② ストウブ鍋(または、蒸し煮ができる鍋やフライパン)に①と酒を入れ、
弱火で10分、蓋をして蒸し煮にする。
(お酒で蒸し煮にすることで、キャベツの甘さが凝縮されます。)

a0303281_22134141.jpg


キャベツがしんなり❤ 半量になっちゃいます。


③ 短冊切りにしたハム、顆粒出汁、みりん、醤油を入れ、軽く混ぜて、
更に10分ほど、蓋をして蒸し煮にします。

④ ざっくり溶いた卵を加え、卵の外側がフツフツしてきたら、
蓋をして半熟に仕上げます。

a0303281_22134457.jpg





この、縁が赤い昔ながらのハムが、
えぇ出汁になるのよ❤


縁が赤いハムとか、赤ウィンナーとか、
ちょっと懐かしの味。

着色料の問題で一時期は店頭から消えてたけど、
今は、自然由来の着色料を使って復活してますね。





a0303281_22134668.jpg



↑黄身と白身が、綺麗に半分になってしまった(笑



アツアツじゃなく、冷めてから食べるのが好き。

味が落ち着いて、
キャベツの甘さが際立つからかな。





a0303281_22134971.jpg




美味しい春キャベツの季節。


お肉じゃなく、ベーコンじゃなく、
縁が赤いハムでお試しください^^







**********************************


コメントいただけると嬉しいです
ぼちぼちブログですが、仲良くしてくださいね^^



ランキングに参加中です
バナーをポチっとクリックしていただくとラキングに反映されます
皆さんの応援クリックが励みになります

a0303281_23560039.gif


http://www.recipe-blog.jp/ranki.cgi?id=18960

ありがとうございました(○v艸v*).+゚




ストウブ大好きさんによる ≪We Love Staub≫ に参加させていただいてます
美味しいレシピ、かっこいい写真がいっぱいです
バナーをポチっと飛んでね♪
a0303281_15251251.jpg


by kotoyurin | 2014-03-14 23:01 | 野菜recipe | Comments(4)
Commented by manhattancafeh at 2014-03-15 08:33
縁が赤いハムがお母様の味のポイントなのね~!
キャベツ、いっぱい食べれそう~。
それにしても3つは・・・いろいろ考えるのが大変そうだけど、胃腸が強くなりそうだよ~!キャベジン、キャベジン!!(笑)
私も今度卵とじにしてみよう。きっと子供が大好きな味だろうね~!
Commented by kotoyurin at 2014-03-15 21:11
マンカフェちゃん、こんばんは^^
キャベジン キャベジン ;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ
胃弱の私にはぴったりね!?(笑
うんうん、お子様ウケする味だと思うよ~^^
Commented by winwinfoods at 2014-03-16 16:43
ことちゃん、こんにちは!
縁の赤いハム、見たら買ってみるよ~。なんか懐かしい感じ!!
キャベツ3玉の話、めっちやうけました!キャベツはもちは良いけど・・・早めに消費したいところだもんね~。
キャベツをいい感じの甘みにするって食べやすいし、たまごもええ感じ。これ、リピ率高そうなおかずだわ~❤ 凸っ
Commented by kotoyurin at 2014-03-16 23:21
うりちゃん、こんばんちゃ!!
縁の赤いハム、懐かしいよね~( *´艸`)クス
味は・・・まぁ、懐かしいってだけだけど(笑
なかなかいい出汁でますよ^^
卵はね、ストウブ力に頼って、余熱での半熟です❤
<< キャベツと薩摩揚げの蒸し煮 和伊折衷!? 肉じゃがトマト煮込み >>