煎り酒漬けスズキの薬味和え


a0303281_00220066.jpg




こんばんは^^


久原本家さん × レシピブログさん から届いたモニター品、
”茅乃舎 煎り酒”
のお料理、昨日に続きアップさせてくださいね。





a0303281_17075469.jpg
煎り酒・・・って、
江戸時代に活躍した幻の調味料だそうです。
(知らなかった!)
茅乃舎さんの煎り酒は、
日本酒に鰹節・昆布のだし、自社製魚醤、梅酢で仕上げられています。
※煮切っているのでアルコール分は飛んでいます。


お醤油代わりにお刺身につけても美味しい・・・ってことなので、
あっさり白身魚を煎り酒で漬けにしてみました。



a0303281_00220521.jpg



* 煎り酒漬けスズキの薬味和え *
(1人分)

〇スズキ(白身なら何でも!)・・・1/2冊
〇茅乃舎 煎り酒・・・大さじ1.5
〇茗荷・・・1本
〇大葉・・・1枚
〇白すり胡麻・・・小さじ1

① スズキをひと口大にカット。
茅乃舎 煎り酒をまぶして、冷蔵庫で30分程度おく。
(冊の大きさによって、煎り酒の量は加減してください。
お魚に対して、ひたひた?くらい。)

② ①に、輪切りにした茗荷、千切りした大葉、すり胡麻を和える。



えっと~、レシピはこれだけなんですが~。



a0303281_00220352.jpg



煎り酒が奥深くてまろやかで塩分も程よくて美味しいので、
これだけで十分!(^^)!

白身のお刺身がまったり濃厚に凝縮されつつ、
茅乃舎 煎り酒の旨みが相まって、うましです^^

茅乃舎 煎り酒のさっぱり感×薬味も相性抜群。



で、皆さま、なんとなく予想できてたかも知れないけど。


a0303281_00220775.jpg



〆に、お茶漬けにするとこれまた激うましっ!!

茶漬けのお出汁はもちろん、茅乃舎だしです。


体が喜ぶ・・・って、こんな感じかな。
内臓にしみわたる幸せ❤(笑



久原本家さん、レシピブログさん、
ありがとうございました^^





煎り酒の料理レシピ
煎り酒の料理レシピ 煎り酒についてくわしく




**********************************


コメントいただけると嬉しいです
ぼちぼちブログですが、仲良くしてくださいね^^



ランキングに参加中です
バナーをポチっとクリックしていただくとラキングに反映されます
皆さんの応援クリックが励みになります


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村

ありがとうございました(○v艸v*).+゚





≪ STAUBファンクラブ WLS ≫ に参加させていただいてます
美味しいレシピ、かっこいい写真がいっぱいです
a0303281_12460485.jpg
http://manngo.exblog.jp/



by kotoyurin | 2015-06-19 00:46 | 魚介recipe | Comments(3)
Commented by winwinfoods at 2015-06-19 19:40
ことちゃん、こんにちは!
煎り酒、とても気になっていました!
白身魚と茗荷が入ったなんとも言えない一品ですね♪
飲まなくても、何か飲んだ気になれそうな気がする~❤

さっぱり感があるのですね~(〃▽〃) 幻の調味料ってうたわれてるし~♪ 旨味も塩分も程よいって、すごくいいね。買いに行きたいなー。

ことちゃんのお茶漬け、豪華すぎだよぉ~♪本当に内臓に染みわたりそうですね♪ 凸っ
Commented by little-happy0921 at 2015-06-19 20:59
影~~~~~(≧∀≦)ノ゙
(えっ?そこまでいっちゃう?)

茅乃舎 煎り酒!
美味しゅうございますわよね~
品があるますもの~
(煎り酒に負けずに品をだしたコメントにしてみた)

白身魚にも合うよね♪
さっぱりいただけるのが美味しかった!
なるほど!薬味を加えると更にさっぱりと
いただけていいね(o≧u≦*)o

最後に〆がこれまたたまらない!!
おいしそ~~~~~o(≧ε≦o)
お出汁が茅乃舎だしっていう点も重要だね♪

応援ポチ☆

Commented by yukadiary at 2015-06-19 22:30
こんばんは^^

白身のお刺身と薬味、美味しい調味料で~~
間違いないじゃないですか!
飲みますね?←決めつけww

夏にぴったりの爽やかなつまみになりますね!←やっぱり飲むの決めつけw

煎り酒、欲しい!(笑)


>白い紫陽花も綺麗ですよね^^
白くてコロコロのごはんと大葉で
白い紫陽花みたいだってコメントを頂いたんです^^
しまった。紫陽花弁当にすればよかった(笑)
タイトル変更しようか迷ってたりします^m^
<< 鎌倉あじさい巡り 2015(2) 翡翠なすとしらすの煎り酒浸し >>